温熱環境測定調査に関するご協力のお願い ~住宅の断熱性能診断と健康調査~

株式会社インテグラルでは、新築やリフォーム時の耐震性、省エネ性の設計を支援するパソコンソフト「ホームズ君シリーズ」を開発・販売しております。また、住宅の断熱性の向上を推し進める研究も行なっております。

本研究の一環として、住宅の断熱性能診断サービスの有効性を検証することを目的に、温熱環境測定調査を木造住宅を対象に、毎年30棟程度実施しております。本調査は居住されている方にご協力いただき、屋内に温度、湿度センサーを設置し、温熱環境を計測・分析します。(営業行為は一切いたしません)

調査にご協力をいただきました居住者様およびホームズ君「すまいの安心フォーラム」会員様には、その診断結果をレポートとしてご報告します。

お忙しい中、大変恐縮ではございますが、本趣旨をご理解の上、ご協力をいただける方を募集しておりますので、よろしくご検討のほどお願い申し上げます。

目的

住宅の断熱性能の向上が求められる中、弊社では、ホームズ君『日本の木造住宅をもっと強く!もっと暖かく!』プロジェクトを推進しております。
ホームズ君省エネ診断による室温計算と実測による室温の分析や、日当たりを考慮したパッシブ設計の効果を確認します。
室温センサーと表面温度センサーを用いて、体感温度や床面温度などから快適度も分析します。

対象

以下のいずれかの木造戸建て住宅

  • 断熱性能の高い住宅(HEAT20相当、ZEHなど)
  • パッシブ設計を取り入れた住宅
  • お引渡し前の住宅

時期

2017年1月1日(日)~2017年3月31日(金) のうち、ご都合のよい一週間

募集数

約30棟

進め方

[1] 調査にご協力いただける物件のご紹介 (お申込み)
[2] 調査対象物件の断熱仕様等について事前調査シートのご提出
[3] 調査対象物件での計測
 ・ご協力者様に、機器設置・測定をお願いいたします。
 ・計測終了後に、機器の回収、返送をお願いいたします。
[4] 断熱性能診断結果(レポート)の送付

内容

▼すでに生活をしている住宅の場合
 【計測】
  ・暖房室(リビング等)の、暖房停止後の室温の推移を計測します。
  ・外気温、その他の部屋の室温もあわせて計測します。
 【やっていただきたいこと】
  ・夜間に暖房室を一定温度まで暖め、その後暖房を停止し、室温の温度降下を計測する。
  ※暖房停止後、6時間程度、その部屋への入室を控える。
  ※一週間の計測のうち、2日程度

▼お引渡し前の住宅の場合
 【計測】
  ・暖房設備を運転しない状態で、リビングや寝室などの居室、廊下やトイレなどの非居室、外気温を計測します。
 【やっていただきたいこと】
  ・暖房設備を運転しない状態での自然室温を計測する。
  ※建物外部の開口部は出来る限り閉めきりとする。
  ※計測機器を設置して2日間

結果の返送

断熱性能診断結果(レポート)は、2017年4月上旬までにお送りします。

調査へのお申し込み

下記の お申込フォーム ボタンよりお申し込みください。

参考

1)調査でわかることの例

2)測定で使用する機器

特記事項

    • 調査内容については予定であり、変更になる場合があります。
    • 必要な計測機器はお貸出しします。計測終了後、ご返送をお願いします。
    • 温湿度の計測閲覧に必要なパソコン、スマートフォンはご用意ください。
    • 測定結果については、断熱性能診断結果(レポート)をお送りします。
    • 本件において取得した個人情報は、ご本人様の了承を得ることなく公表することは一切ございません。
    • 営業活動等の行為は一切行いません。

お問い合わせ先

株式会社インテグラル
温熱環境測定調査担当:松崎

〒305-0818 茨城県つくば市学園南2丁目7番地
電話:0120-9876-68 (平日9:00~18:00)
Mail:watson-support@integral.co.jp